えと的日常〜猫がブログ始めました〜

えとによるえと的日常を発信。えとの毎日や同居する家族の様をえと目線で発信します。たまに良い事も言うかも(^ ^)

春の創作活動③(トイレの箱庭)

ジメジメした土曜日ですねぇ。

少し動くとすぐ暑くなりますねぇ。

f:id:green3lk:20200606132207j:image

まぁ、少々暑くても、

僕は箱に入りますが(笑)

 

雨が降りそうで降らないので

ママさんが先日粘土で作った王蟲を使って、

小さなお庭を作りましたよ。

 

じゃん♬♬

f:id:green3lk:20200606132502j:image

なんだか雰囲気がありますねぇ(^ ^)

f:id:green3lk:20200606132605j:image

おお♬奥にはロボット兵もいますよ。

王蟲の骸とロボット兵のコラボですね。

 

素敵な小さな箱庭です。

この箱庭、上から見ると

f:id:green3lk:20200606132907j:image

あれれ?猫型です。

 

それもそのはず、

これは僕の

おトイレの入れ物です。

 

これは、デオトイレという種類のやつですね。

底にザルのような穴があります。

トイレの下に吸水シートを入れるケースがあって、

トイレに入れた専用の猫砂を通って、

おしっこが下の吸水シートに吸われる仕組みです。

 

臭いが少なくて清潔なトイレとして人気があります。

 

しかし買ってきた時には僕は既に、

昔ながらの

ザ・猫砂って感じの鉱物タイプの砂じゃないと

気に入らない猫となっていたため、

使うこともないまま放置されていました(笑)

 

ここにきてまさかの、

箱庭として生まれ変わりましたよ(笑)

f:id:green3lk:20200606135115j:image

いい感じです♬

これ、

その辺に落ちている石を拾ってきて、

その辺に生えているシダや草を抜いてきて、

斜面や道路ばたの擁壁なんかに張り付いている

苔を剥いできて、

庭に生えている植物をちょっと引っこ抜いてきて

作られています。

 

「お金かけなくてもなんとなくそれっぽくなる。」

 

だそうですよ(笑)

 

お煎餅なんかをもらったりしたときの

大きめの缶なんかでも

素敵な箱庭が出来そうですね。

 

まだ粘土はありますからね、

次あたりは埴輪を作るかもしれませんねぇ(笑)

 

f:id:green3lk:20200606140646j:image

僕は庭ではなく、

ダンボール一戸建てです(笑)

2択の沼にハマるのか

おはようございます。

週も半ば、ちょっと疲れが溜まってくる頃ですね。

少し自分を甘やかして、休ませてあげて下さいね。

 

f:id:green3lk:20200604075717j:image

先日、フォトコンテスト募集のメールを見てから

悩みに悩んでいるママさんですが、

「これでいってみよう!」という写真を選んで

応募しました。

 

しかし。

お、決まって良かったねー、という訳にはいきません。

写真は応募期間中であれば変更することが出来ます。

 

問題はこれからです。

 

一度は決めたものの、

やっぱりこっちがいいんじゃないかと

さらに悩む可能性があります。

 

皆さんは試験を受ける時、

答えの選択肢の中から

2つまでは絞り込めるのに、

最後の1つが決まらないこと、

ありませんでしたか??

 

こっちかなぁ、と選んだものの

後から考えると

やっぱりもう1つの方だったかなと思って直す。

 

この「見直す」ことで正解する人と、

最初に選んだ方が正解だった人。

 

皆さんはどちらでしょう。

 

ママさんは典型的な

見直すとダメになるタイプです(笑)

 

こっち、いや、違う、やっぱりそもそも他の選択肢なのか、

2択からどんどん沼にハマっていきます。

 

なので、試験の時には一切見直しをしません(笑)

 

試験は短時間ですが、

今回のフォトコンテストの応募期間は

1ヶ月もあります。

沼にハマってしまうと、

抜け出せなくなるかもしれません。

 

こうなるともうお終いです。

 

選ばれなかった時に

あっちの写真にしとけば良かったと

思うに決まっています。

 

困りましたねぇ(笑)

f:id:green3lk:20200604083044j:image

この沼、、、

実は足を突っ込んだ時点で負けなんですよ。

 

仮に最初に選んだ方から変えなかったとしても、

他の選択肢と悩んだ時点でアウトです。

 

結果がダメだった時に、

 

やっぱりあっちにしとけば良かった!と

思いますよね?

 

変えても変えなくても同じこと。

 

この沼は、こわーいですよ。

朝からパパラッチ

おはようございます(^ ^)

 

リビングでごろん。

f:id:green3lk:20200603075623j:image

顔が怒っているのは、

僕の周りをチョロチョロと動き回っている

パパラッチ(ママさん)がいるからです。

落ち着きませんね(笑)

 

f:id:green3lk:20200603075808j:image

「うふふ♬怖い顔♬」

そりゃそうでしょう。怒ってますからね(笑)

 

ちょっと上から撮ると小顔に見えるよ、と

今度は少し上からまた撮影です。

f:id:green3lk:20200603075954j:image

いや、上すぎやしませんか?

これ小顔なんですか?

よく分かりませんよ。

 

写真が気に入らなかったのか、

今度はまた下方向に移動です。

 

下方向は、ダメじゃないですか?

よく、顔が大きく見えるとか、

二重あごに見えちゃうとか、

一般的には

下からのアングルを嫌がる傾向にありますよ。

 

撮った後に

ニヤリと、パパラッチが笑みを浮かべました。

 

f:id:green3lk:20200603080559j:image

ほら!ダメじゃないですか!!(笑)

 

一体なんのニヤリだったんですか?

どういう写真を撮りたかったんですか?

 

全くもうこの人はいつもよく分かりません。

 

f:id:green3lk:20200603080935j:image

もう放っといてひと眠りしましょう。

新たな挑戦状

ママさんが難しい顔でケータイを睨んでいます。

何かトラブルがあったんでしょうか。

 

「挑戦的過ぎる。受けてたってやろうじゃないか。」

 

何かの挑戦を受けるそうです。

 

(ああこれ、どうせ心配するようなことじゃないな。)

 

僕の直感がそう告げています(笑)

 

ママさんを悩ませていたのは、

一通のメール。

 

日めくりにゃんこのカレンダーを作っている

animaLaboからのメールです。

 

ママさんは毎年

“日めくりにゃんこ”という日めくりカレンダーに

僕の写真を載せてもらいたいと
せっせと応募しています。

今のところ、毎年落選ですが(笑)

 

そんなanimaLaboから届いたメールは

 

「うちの子可愛いすぎ!フォトコンテスト募集開始」

 

おっとこれはなかなか、挑戦的ですねぇ(笑)

 

「可愛いに決まってるじゃないか。

どこのお家の子も可愛いんだよ!なに基準で選ぶんだい?

可愛くない猫なんていないよ!!」

 

荒ぶっています。

それは僕じゃなくて運営の人に言って下さい(笑)

 

募集期間は6月1日から月末まで。

受賞者の方には、

愛猫さんをモデルにしたカレンダーや雑貨を

プレゼントしてくれるみたいですよ。

 

ケータイからサクッと応募出来るみたいなので、

皆さんもチャレンジしてみませんか。

 

ママさんも挑戦(?)を受けるつもりのようですが、

まずは写真選びで苦戦するんでしょうねぇ。

 

f:id:green3lk:20200602081304j:image

この写真はどうですか?

昨日パパさんが撮ってくれましたよ?

 

いや、意外と変わり種がいいかもしれませんね

f:id:green3lk:20200602081640j:image

「マフィアかよ!」とツッ込まれた

僕のお気に入りの1枚。

 

、、、無いか(笑)

冷たい奴

おはようございます♬

f:id:green3lk:20200601080727j:image

昨日ブログを読んでいた時に、

言い間違いのことを書いた記事を見つけました。

 

漢字の読み違いやカタカナの言い間違い、

皆さんもすることありますか?

間違えた内容によっては、

これ一生言われるんじゃないかというくらい

ネタにされたりしますねぇ。

 

僕のブログでも以前に

グランマも、ママさんのお母さんもカタカナに弱いと

書いたことがありますねぇ。

 

その時は確か、

 

グランマ

アーガイル柄→ガーゴイル

 

ママさんのお母さん

ハムスター→モンスター

 

だったと思います(笑)

 

他にも色々とあるんですが、

パパさんの1番下の弟さんも

小学生の頃にやらかしたネタがあります。

 

昔、グランパとパパさんと弟さん達が

スーパー銭湯みたいなところへお風呂に入りに行って

そこにあった食堂でお昼ご飯を食べたそうです。

 

何を頼む??ってなった時に、

1番下の弟さんがメニューを見て、

 

「れいやつ♬」

 

と、言ったそうです。

 

れいやつ。

冷、、、奴、、、。

そう、ひややっこですね(笑)

 

パパさんは

「??は??霊圧?BLEACHかよ!」と

(霊圧は漫画「BLEACH」に出てきます。)

猛烈にツッコんだそうです。

 

この、“れいやつ事件”はずっとネタにされ、

弟さんが4人の娘を育てる立派なパパになった現在でも、

大人同士で飲み語る時間になったら必ず言われています。

一生、言われるんでしょうね(笑)

 

実はママさんもあるんですよ。

 

パパさんとママさんがまだ学生でお付き合いしていた頃

共通の友達とお話していた時に友達が

パパさんのお家で飼っていた犬の種類を聞いたそうです。

当時、パパさんのお家ではシーズー犬を飼っていたため

パパさんが、

 

「あれ、シーズー。」

 

と答えたのを聞いて

 

ママさんは、

 

「アレシーズ♬」

 

と、新しい犬種を生み出したそうです。

 

ペキニーズと響きが似ていたから、

そんな種類があるのかと思ったそうですよ(笑)

 

うふふ、皆いろいろありますねぇ。

僕は猫語ですからね、言い間違いをしても

バレないから大丈夫です♬

f:id:green3lk:20200601080833j:image

素敵な花言葉

あのぅ、ママさん。

f:id:green3lk:20200531113003j:image

この魔法の砂、開けてくれませんか?

中のお花がどうなってるか見たいです。

 

ママさんにお願いして、

中身をサラサラと出してもらいましたよ♬

f:id:green3lk:20200531113206j:image

中からお花が出てきました。

これは、カーネーションですねぇ。

 

グランマが母の日にもらったカーネーション

ママさんが乾燥させてくれました。

f:id:green3lk:20200531113555j:image

青いカーネーション??

もとは、紫色のカーネーションです。

f:id:green3lk:20200531113737j:image

紫色のカーネーション花言葉

「気品」と「誇り」だそうです。

 

乾燥させると水分が抜けて

色が濃くなるのかな。

 

ちなみに青いカーネーション花言葉

「永遠の幸福」だそうですよ。

 

どちらの色でも素敵な花言葉ですね。

 

もとの色とは違いますが、乾燥させるとなんだか

おしゃれな雰囲気になりますねぇ。

 

今回は、形が少し崩れてしまいました。

 

切り花でめいいっぱい楽しんで

お花自体の元気がなくなってから乾燥させたので

砂の重みで変形してしまった感じですね。

 

でも、綺麗ですね(^ ^)

もらったお花をこうして少し残しておけると

思い出が残っていいですねぇ♬

 

前回魔法の砂のことをブログに書いた時に

20代の時に砂に埋れたかったというコメントを

もらいましたが、

ママさんも同じく、

この砂に埋もれて眠ったら

歳とらないかなぁ、、、と

あらぬ期待を抱いていますよ(笑)

 

f:id:green3lk:20200531123241j:image

んー♬

次はなんのお花が魔法の砂の中で眠るのでしょうか。

色んな物を入れてみたいですねぇ。

画像加工ってすごい

昨夜、お部屋でころころしていた時。

f:id:green3lk:20200530090754j:image

何気なく顔を向けた瞬間を

f:id:green3lk:20200530090836j:image

カシャっと激写されました。

f:id:green3lk:20200530090901j:image

「ああっ!この写真良い!!」

ママさんが叫びましたが、

そのすぐ後、

「ああああ。床のホコリがすごい!!!」

床のホコリの多さに愕然です(笑)

 

“なんとかならないかな。せっかく良い感じの写真なのに。

これはもう、魔法に頼るしかない。”

そう呟いた後、パパさんに声をかけました。

 

「加工して下さい。」

 

注文①えとくんを明るく。

注文②ホコリを良い感じに。

パパさんのLINEに先程の写真を送って注文です。

 

「はいよ。」

 

注文を受けたパパさんが

サクサクっと明るさや雰囲気を調整してくれました。

 

「2つ送るね。どっちがいいかは決めて。」と

すぐに仕上がった写真が送られてきました。

 

f:id:green3lk:20200530092429j:image

f:id:green3lk:20200530092444j:image

ほぉぉ。

明るさが変わると随分雰囲気が変わります。

 

明るくなった分、ホコリも明るくなってますが、

全体的にレトロな感じになったので

古い建物の中だと思えば

なんとかなるかもしれません(笑)

 

加工ってすごいんですねぇ。

味のある作品が出来ます。

 

ママさんは、後者の写真の方が好きだそうですよ。

これはもう、好みですね(^ ^)

 

ちなみに、注文②については

 

「ホコリがキラキラするといいね。

まるでえとが砂浜でくつろいでいるような。

ああ、星空でもいいね、

星空の中で過ごしているような雰囲気の、、、。」

 

ママさんの注文が壮大過ぎて

注文を打ち切られていましたよ。

加工にも限度があります(笑)